国公立大学医学部合格、東大・京大難関大学合格専門の静岡市葵区の塾 高校生・中学生・小学生からの医学部受験予備校 工藤塾

医学部合格法

医学部合格に必要な勉強法とは

教務統括 福屋貴之(数学・物理・化学講師)

自分自身で考える習慣を身に付ける

工藤塾では、「静岡に医師を!」という理念のもと、将来、自分自身がかかりたいと思えるような医師を輩出していきたいと考えています。ですから、生徒たちが自分自身で考える習慣を身に付けられるような指導を実践しています。課題を次から次に強制的に与えるような指導法だと、たとえ合格できたとしても自主性が育つ余地がありません。目標を達成するために何が必要かを自分で考えて、実行できる力を身に付けてほしい。これは、患者の将来のために何ができるかを考える医師にとって、欠くことのできない能力です。生徒にも「そもそも人に言われないと何もできない医師を信頼できる?」という話をしています。

もともと人には知的好奇心がありますが、それが学校に行って「じっくり考えている暇はない」「覚えるしかない」というように変化してしまっています。学校では教師のやるべき業務が多すぎて、生徒に覚えさせないと仕事が回らない状況に陥ってしまっていることが原因ではないでしょうか。確かに、暗記に頼れば一時的には得点が上がり、高校までなら県内トップ校にも行けてしまう。でも、「なぜ?」という思考がなく、ただただ覚えようとするだけでは、医学部受験の思考力を要する問題は解けません。将来的にも、「これはこう処置する」と決まっていること以外はできない医師になってしまうかもしれません。

「大学受験で得た知識なんて、社会に出たら役に立たない」と言う人もいますが、それはあまりに表面的な見方です。確かに、数学の一部を切り取って社会生活で使いますか? と聞かれたら、それは使わないと思います。そうではなく、その学習を通じて「自分で考える習慣」を身に付けることができれば、将来もずっと使える力になります。勉強が特別なわけではありません。スポーツからも、文化的な活動からも、友人関係からもたくさん学べるものはあります。それらと同じくらい、勉強からも学べるものがあるというだけです。

「なぜ?」を考えることで効率的な勉強を

医学部に合格しようと思えば、膨大な量の学習が必要ですが、勉強が好きという人はあまりいないと思います。であれば、「なぜ?」を考えることで、できるだけ効率的に勉強できるようになってほしい。片っ端から全部勉強するのではなく、目標から逆算して必要なことを考えることで、最短距離で目標を達成する。あるいは、暗記してその場をしのぐのではなく、理解することで、一時的にではなく、継続的にできるようになる。急がば回れです。好きでもないものを非効率に長々とやるのは苦痛ですよね。面談や授業でも言い続けていますし、毎月書く目標シートで、なんのために何をやるのかという思考を習慣化するようにしています。

医学部受験を突破しても、医師を目指すのであれば一生が勉強です。医学部生に聞くと、口を揃えて「受験勉強の方が楽だった」と言います。医学部受験は、医師になるために、あるいは医師になってからも求められる「考える習慣」を身に付け、自分の思考法を確立する良い機会でもあります。

生徒に考える習慣を身に付けてもらうために、まずは、その必要性を実感してもらうことを重視しています。自分で考えることが必要だと思えるか、楽しいと思えれば身に付きますが、楽しいと思えるかというとなかなか(笑)。工藤塾の生徒だと、医師になりたいという明確な目標があるので、そのために必要だと思えれば、考え始めるようになります。ですので、必要性を理解してもらうのが第一です。そこから、計画性や「なぜ?」と考える習慣が身に付き、実際に学力も上がっていきます。

「理解する」とは自分で説明できるようになること

生徒が主体的に学ぶための理想的な指導の形として、工藤塾では2つの指導方法を実践しています。一つは生徒と徹底的に対話する個別指導。そして、もう一つは、少人数のゼミ形式での学習です。これは、工藤塾長ととことん話し合って、導き出した答えです。

小学生〜高校3年生は個別指導なのですが、一方的に教え込むことはしません。むしろ、「できるだけ早く私の授業を要らなくするには、どうしたらよいか」を考えながら授業をしています。授業がなくても自分で勉強し、期日までに必要な学力を身に付けられるようになるのが目標です。そのためには考えられるようにならなければいけない。授業ではよく「なぜ?」と聞いて、理由を考える習慣を身に付けさせています。「分かった?」「はい」「何が?」というやりとりはしょっちゅうです。自分で説明できるようになってこそ、理解したと言えます。特に数学や物理は暗記する量は大してありません。問題を解いているうちに、自然と覚えられる程度の量です。なぜそうなるのかを説明でき、使う経験を積めば、忘れることはありません。

また、英語や小論文では、「例えば?」という質問をよくしています。医学部受験では医療についての話題がよく出てきますが、トピックスを知っているだけでは不十分で、「事実」を基に、どう「考え」ているのかを、常に意識させるようにしています。

ただし、「理解する」というのはそんなに簡単なことではありません。だからこそ、授業では自分自身で説明するよう、繰り返し質問します。しかも、医学部受験は高いハードルであり、未知の知識やテクニックもあるので、そういった面のフォローも必要です。これを1対1で実践していくことで、問題の解き方が変わり、ものの考え方も変わっていきます。

既卒生はゼミ形式で理解を深める

少人数のゼミ形式は、既卒生のクラスで実践しています。基本的な考え方は個別指導と同じなのですが、より生徒が主体となります。大学院のゼミのように、学生の発言が主体。もちろん、最初からはできないので、1年間の中で前半は講義をしながら授業の進め方自体を指導し、後半になるに従って生徒たちに主体的に発言してもらう、という流れです。生徒たちは予習をし、自分の言葉で説明したり、クラスの中で議論することによって、理解を深めていきます。講師はフォローに回るのが理想です。また、仲間たちの発言や勉強している姿に刺激を受けて、切磋琢磨してほしいという狙いもあります。

医学部に合格してきた生徒たちの共通点は、自分で努力する時間が多いことです。分かりやすく言えば、自習室に朝から晩までいる生徒。別に自宅で学習していてもいいのですが、結果的に、塾内に長くいる人は学力が向上しています。「医師になるという思いの強さ」は直接的な要因ではありませんが、努力を下支えしてくれます。ただ、やみくもに努力してもだめです。「なぜ?」を理解するような学習にしないと、すぐに忘れたり、既習範囲でも得点にできなかったり、という状況になってしまいます。工藤塾で「理解すること」を重視した勉強法を身に付け、医学部合格を勝ち取りましょう。そして、ぜひ医師として静岡で活躍してください。

お問い合わせ

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
学校名
学年 (必須)
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
内容確認 内容を確認しました

入塾のご相談・お問い合わせはこちら TEL 0120-12-5423 【受付時間】9:00-22:00

PAGETOP
Copyright © 医学部専門予備校 工藤塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.