患者に寄り添う医師に

 病院で診察を受けるときは、痛みや発熱などで苦しんでいる状態です。そんなとき、患者に寄り添い、治療によって健康になることを一緒に喜んでくれるような医師に出会えると、たとえ病気だったとしても救われる気持ちになるかもしれません。

 だからこそ、「人の喜ぶ顔を見るのが好き」「人の役に立つことがうれしい」という方には、ぜひ医師になることを、将来の選択肢の一つにしていただければと思います。
 

医師不足

  高齢社会に突入している日本では、今後ますます医師の重要性が高まっていくことが予想されます。しかし、OECD加盟国の人口1000人当たりの医師(臨床医)数を見ると、平均3.2人に対して日本は2.3人と約3分の2にとどまっており、先進国の中では最低レベルです。

 さらに、工藤塾がある静岡県は、人口1000人当たりの医師数が1・9人で、47都道府県中40位と少なく、深刻な医師不足に悩まされています。
 

専門予備校として

 工藤塾は、静岡唯一の医学部専門予備校です。私たちは、静岡から医師を志望する人を増やし、日本の医師不足解消とよりよい医療環境づくりに、微力ながら貢献していきたいと考えています。

 このホームページがあなたの医師への興味を深めることにつながれば幸いです。

合格体験記