「2次試験の比率が6割強に!」

浜松医科大学は、昨年度入試より、前期の配点を2次試験重視に変更しました。これは、旧帝大の配点に近く、2次試験でも得点を取り切ることが求められます。工藤塾では2次試験で合格点を取るための対策を、公開無料講座でお伝えします。

合格者の声

  • 2次試験では、英語の英作文を対策通りしっかりと書けましたし、数学も、時間いっぱいまで粘り強く書くことができました。(2019年度 浜松医科大学合格 Tくん)
  • 2次試験は、本当に難しかったです。ただ、数学は証明問題が多かったので、答えが出なくても、できるところまで記述しました。答えに至る過程や考え方が大切なので、部分点は取ることが出来たと思います。工藤塾で対策したことが役立ちました。(2018年度 浜松医科大学合格 Yくん)

【英語】
英語科主任 篠原 大司(東京大学 文学部)
「長文対策と英作文指導」
過去の難問の中から、合格するために解くべき問題を厳選して出題。長文の読解方法を伝授しながら、浜松医科大学特有の医系単語を解説します。さらに、独力では対策しにくい英作文の書き方を指導。希望者には英作文の添削も行います。

【数学】
専任講師 水澤 勇気(首都大学東京 大学院 数理情報科学専攻 博士課程)
「発見を証明につなげるために」
難度の髙い数学の問題を解決するためには、問題の構造を見抜く発見が必要です。また構造を見抜いたとしてもそれを証明として表現する必要があります。講義では「発見」と「証明」をテーマとして予想問題解説を行います。

【化学】
教務統括 福屋 貴之(東京工業大学 大学院総合理工学研究科 修士)
「教科書に載っていない問題への対処法」
教科書には載っていない物質や現象を題材にした問題が出題されますが、ある程度得点できないと合格点には達しません。そのような問題の具体例を過去問から紹介し、「事前にどこまで知識を身につけておくべきか」「本番ではどのように考えれば対応できるのか」について講義し、問題演習も行います。

日程

2月16日(日曜日) 2月17日(月曜日)
11:10〜12:40 数学 化学
13:20〜14:50 化学 数学
15:00〜16:30 英語 英語
17:00〜18:30 面接対策 面接対策
  • 対象:高校3年生
  • 定員:10
  • 参加費:無料(要予約)
  • 参加特典:無料面接対策(要予約)※上記日程以外も可
  • 2月16日は11:00からガイダンスあり

お問い合わせ

お問い合わせ内容に「浜医対策講座希望」とお書きください。折り返し、ご連絡いたします。

お名前(必須)
ふりがな(必須)
メールアドレス(必須)
学校名
学年(必須)
電話番号(必須)
お問い合わせ内容
内容確認 内容を確認しました