僕は受験勉強にとりかかる時期が遅かったため、受験勉強を始めてからは必死で取り組みました。授業で先生たちから習った事を自由自在に扱えるようになるよう授業で取り組んだテキストの反復や授業の後の復習はしっかりと行いました。普段の演習でも特に理系教科では解き方にこだわっていました。そうした演習の積み重ねが力となって医学部に現役合格する事が出来たのだと思います。最後に、工藤塾に入った時は英語に苦手意識がありましたが授業を重ねるうちにしだいになくなっていきました。物理や化学も授業を通して本質を理解する事が出来、一気に実力をつけたと思います。先生達には感謝しています。ありがとうございました。